手荒れがひどくて家事ができない!手荒れ対策と治し方は?

手に乾燥やジュクジュクとした傷があり、家事をするのが辛いなと感じることはありませんか?手が荒れていると水や洗剤がしみたり、洗濯や掃除の後に痒みが出たりしますね。

今回は家事をするときの手荒れ対策と手荒れの治し方についてまとめています。

スポンサーリンク

家事をすると手荒れが悪化するのはなぜ?

家事というと食器洗いに、洗濯物、掃除にお風呂洗いとやらなくてはいけない事が沢山ありますよね。手荒れがあると、家事をするたびに痛みや痒みに振り回されてしまいます。

手荒れの症状は人によって違いがありますが、乾燥してカサつきやひび割れ、水泡ができてジュクジュクになり痒みが出ていたりします。

手荒れを悪化させる主な原因は洗剤です。洗剤というのは汚れ浮かせて落ちやすくするために石油などを原料とした界面活性剤が配合されています。

この界面活性剤は油と水を混ぜ合わせる力を持っているため、少量つけることで簡単に汚れを落としてしまいます。

とても便利なものですが、手を保護している油分を洗い落とし肌に刺激を与えてしまいます。

食器を洗った後や浴槽を洗った後に乾燥が強く出たり痒みが出るのは洗剤によって肌にダメージを受けているからです。

また、料理をするときに肉や魚の汁が付着したり、何度も繰り返し水を触ることでさらに手荒れを悪化させてしまいます。

家事をする際の手荒れ対策とは?

手荒れを悪化させないためには刺激となるものに触れないというのが一番の対策になります。

そのため家事の際にはビニール手袋をしてその上からゴム手袋をするようにしましょう。

なぜビニール手袋の上からゴム手袋をするのかというと、手荒れを発症させている人が直接ゴム手袋をすると手に強い痒みが出ることがあります。

ゴム手袋などのゴム製品にはラテックスというアレルギーの元となる物質が含まれているためです。

一部の病院やネット上では「布手袋の上からゴム手袋をしましょう」と書いてあることがありますが、布手袋は汗をかいたときにゴム手袋のタンパク質が溶かし、それが手袋から染みて皮膚に付着してしまうので痒みが出てしまいます。

アレルギー物質を遮断するためにもビニール手袋をしてからゴム手袋をして家事をするようにしましょう。

手荒れを治すにはどうしたらいいの?

一度手荒れを発症させてしまうと治りにくくなります。特に家事をされる方は毎日水や洗剤に触ります。繰り返すことで皮膚の保護が間に合わなくなり、刺激を受けやすくなります。

忙しい方や子育て中の方は時間もなく、面倒なため素手で家事を行ってしまう方も多いと思います。

ですが、症状が悪化した手荒れはハンドクリームだけでは簡単には治りません。

「綺麗に洗剤を洗い流せば大丈夫」「1回くらいなら素手でも」とつい洗剤を触ってしまいそうになりますが、洗剤に含まれる合成界面活性剤はどんなに丁寧に洗い流しても3~10日は残留すると言われています。

本当に手荒れを治したいと思われる方は家事をするときはビニール手袋、ゴム手袋をするようにしましょう。

そして、大事なのは保湿をすること。刺激を受けやすい肌というのは皮膚の中に水分を蓄える力(水分保持力)がありません。

それは皮膚の中の角質細胞間脂質とよばれる脂が低下していることが原因にあります。角質細胞間脂質は様々な脂質が混ざり合って作られていますが主なものはセラミドです。

そのため保湿にはセラミドが配合されたものを使うと皮膚の水分保持力が上がり、手荒れを改善することができます。

【関連記事】
≫≫ 手荒れ・手湿疹におすすめのハンドケアランキング!

まとめ

毎日の家事により手には大きく負担がかかっています。症状が悪化すると痒みで夜が眠れなくなったり、ひび割れで手が開けなくなることもありストレスを抱えてしまいます。

手荒れは原因となるものを直接触らない、しっかりと保湿をすることで改善するので我慢せずに早めに対処するようにしましょう。

スポンサーリンク