手荒れや手湿疹の人は爪と皮膚の間が痛くなるので注意すべし。

自分は長いこと手湿疹をこじらせていたんだけど、いまだに悩むことがあります。それは爪と指の間が痛くなるということ。しかも何の前触れもなく突然痛くなる。

指先っていうのは、物を掴むと時に力を入れるからここが痛いとストレスが溜まる。

傷みがある時は爪と皮膚の間に少しすき間ができて浮いているし、爪表面の白い部分とピンクの部分の境目が赤くなっている。こういう感じね(矢印の部分)。

今回は爪と皮膚の間の痛みについてまとめています。

スポンサーリンク

爪と皮膚の間が痛くなる3つの原因


爪と皮膚の間の痛みが何度も再発して嫌だな~って人多いんじゃないかな。

軽度なら2~3日で治っちゃうんだけど、重症化してしまうと境目に膿が溜まってより痛くなることもあるし、爪が半分くらい剥がれてしまうこともある。

指先は神経が集まっているって聞くと思いますが他の部位に比べると指先は感覚が優れている分、痛みを感じやすい。

爪と皮膚の境目が痛くなる原因には大きく分けると3つあります。

指先のかぶれ、乾燥。

手荒れや手湿疹の人に多いのが指先のかぶれや乾燥。指先を見てみるとカサついていたり水泡ができてジュクジュクしていると爪の境目までダメージを受けて赤みが出てしまいます。

痛みが出て物をつかむのに支障が出るし、爪も少し剥がれて白い部分が広くなってくる。

2~3日もすれば痛みはなくなりますが、手荒れや手湿疹を治さないことには何度も再発してしまうので、指先までしっかり保湿をするようにしましょう。

カンジダ菌、白癬菌の発生。

爪と皮膚の間の傷みが強い場合や爪の剥がれが進行している場合には菌が原因になっていることもあります。

カンジダ菌や白癬菌は皮膚の上ならどこにでも存在していますが、爪の間に汚れが溜まっていたり拭き残しがあり湿っていると繁殖しやすくなる。

単体では悪さをしない菌も集団になると皮膚を刺激してしまうので、指先は清潔にして乾燥させるようにしましょう。

物理的な刺激。

スマホやパソコンなどを頻繁に使う人は物理的な刺激によって爪と皮膚の間に痛みを生じることがあります。

指先と爪の間に赤みが出ているので、指を休めると数日で症状が落ち着いてきます。

また、つまようじで爪と皮膚の間を掃除する人も刺激により赤みが出てしまうので過度な掃除はやめましょう。

爪と皮膚の間が痛くてたまらない時は?


爪と皮膚の間が痛い時には赤みが出て爪が浮いているので指先には力を入れないようにしましょう。いきなりガバっと爪が剥がれてしまうことはないけど注意が必要。

冷やすことで痛みは和らぎますが何日も痛みが引かない、膿が溜まっている、白い部分が増えて進行している時には赤みを抑える薬、もしくは抗真菌剤での治療になります。

爪はだいたい1日で0.1㎜伸びるんだけど、爪の半分くらいまで剥がれて白くなってしまった場合はきれいな元の爪になるまで半年~1年くらいかかる。

季節や年齢によって伸びるスピードも変わってくるから、爪と皮膚の隙間に違和感がある人はできるだけ早くケアした方がいいです。

爪と皮膚の間に痛みが出やすい人はどんなケアをすればいい?


爪というよりは皮膚の方に問題があるから、ここを集中的にケアする方が再発を防げるし治りも早くなる。

まずは指先までしっかり拭く。

これは菌が増えるのを防ぐため。菌は湿度が高くて皮脂や汚れが溜まる箇所だと一気に数を増やしていきます。

水仕事をする人や職業柄手袋をつけている人は意識して指先までしっかり拭くようにしましょう。

できれば爪は短い方がいいんだけど、ネイルを楽しみたい人もいるし少し爪が伸びていないと不便という人もいるから、そういう人も手を洗った後は意識して指先まで拭くようにするといいです。

クリームで指先を保護する。

指先にニベアやアトリックスなどの市販のハンドクリームを塗ってもいいんだけど、手って皮膚が分厚いから指先に赤みが出ていても見えにくくて気付かないことがある。

じつは皮膚の奥の方も赤くなっていたりするんだよね。赤みが出ている皮膚は過敏性が高まって市販のハンドクリームだとその成分に反応して痒みが出ることがあるんだ。

手荒れが酷い人や手湿疹の人の手にはこういうタイプが多くて、ハンドクリーム塗って痒くなったって人が凄く多い。

だから、皮膚が弱い人や手荒れや手湿疹の人はハンドクリームも刺激の少ないものを選んだ方がいいです。

自分は重度の手湿疹で市販のハンドクリームは色々試したけど、殆どが使えなかった。病院で処方してもらったヒルドイドや「敏感肌におすすめ」というハンドクリームでさえ痒くて使えませんでした。

だけど肌に合うクリームを見つけた。刺激を殆ど感じないし保湿力もある。値段がまあまあ高いのがネックだけどその分の価値はある。

自分で探してみたけど見つからないという人や何を使ったらよいのか分からないという人は、手荒れ・手湿疹におすすめのハンドケアランキング!を参考にされると良いかもしれません。

もう、手が痒いとか痛いとかで振り回されたくないし荒れた手を人に見られたくないよね。手が荒れていないというだけでストレスがかなり軽減されます。

特別なことではないんだけど爪と皮膚に痛みがある人はこの2つを徹底すると治りやすく再発しにくくなります。

まとめ

爪と皮膚の間に痛みが出る原因には、「指先のかぶれ、乾燥」「カンジダ菌、白癬菌の発生」「物理的な刺激」が考えられる。
手を洗ったら指先までしっかり拭く、クリームで指先を保護することが大事。
クリームで痒みが出やすい人は低刺激のものを選ぶのがおすすめ。

スポンサーリンク