手荒れ・手湿疹におすすめのハンドケアランキング!

手に痒みや乾燥がある人にとって保湿はとても大切な事です。保湿は皮膚を潤すという働きの他にも皮膚の表面に膜を張り水分の蒸発を防いだりハウスダストや空気の乾燥からも皮膚を守ってくれます。

保湿をしない人よりも保湿をしっかりする人の方が手荒れや手湿疹の症状も軽くなり、再発もしにくくなります。手荒れや手湿疹の人は肌が敏感で痒みが出やすいです。

そのため、刺激が少なく保湿効果の高い保湿剤を選んで使うようにしましょう。

手荒れ・手湿疹におすすめのハンドケアランキング

 痒みや炎症のある手にはコレ!ロベクチン


ロベクチンは抗がん剤や放射線治療を行っている方の副作用である酷い肌荒れの保湿・ケアをするために作られたクリームです。

刺激となる成分を徹底的に排除しているため、赤みや痒みのある手にも使えます。

また、保湿成分の中では1番と言われているセラミドが配合されているので、乾燥で硬くなった手のケアにも向いています。

ロベクチンはハンドケアとしては少し高めかなと思います。ですが、アトピー肌にも使えるくらい成分にこだわって作られているので、手荒れや手湿疹のケアにはおすすめできるクリームです。

手に炎症や痒みが出ている
パックリ割れ、皮膚が硬くなりゴワつきがある
市販のハンドクリーム、保湿剤が合わない
手だけではなく全身にも使えるものがいい

 

 乾燥する手にはコレ!バリアバランス保湿ジェル


手荒れや手湿疹が起こる原因の一つは皮膚内のセラミド不足です。セラミドは肌の中で水分を挟み込み蓄えてくれる力を持っています。

不足することで手は乾燥し、刺激で炎症が起きやすくなります。

バリアバランス保湿ジェルには手荒れや手湿疹の人が不足しがちなセラミドが3種類に加え、ヒアルロン酸や肌を柔らげるエモリエント成分を配合し、肌を潤し保護してくれます。

手だけではなく、顔や身体のスキンケアとしても使えるので1つ持っているだけで経済的で便利な保湿剤です。

手荒れや手湿疹で乾燥が酷い
乾燥を繰り返し皮膚が硬くなっている
ベタつかず肌馴染みの良いものがいい
全身にも使えるものがいい

  ≪ 公式サイトを見てみる ≫

 

 あかぎれの手にはコレ!養麗潤


手の潤いに欠かせない天然保湿因子と似た働きをしてくれるヒアルロン酸が主成分の保湿剤です。漢方成分も含まれているため保湿しながらも乾燥や炎症の症状を改善してくれます。

漢方成分の中に含まれている紫根エキスやチャ葉エキスには殺菌・抗炎症作用があるため、手荒れや手湿疹の方に向いている保湿剤です。

合成界面活性剤や鉱物油、アルコールなどの肌に刺激となる成分が含まれず、天然成分で作られているので肌の弱い方や小さなお子様も一緒に使えます。

手にパックリ割れやあかぎれができやすい
漢方成分で自然由来のものがいい
赤ちゃんや子供にも使えるものがいい
1つで全身がケアできるものがいい

≪ 公式サイトを見てみる ≫

 

まとめ

1位から3位でご紹介した保湿剤はどれも保湿効果が高く肌に優しいものです。

ハンドクリームやボディクリームなど保湿剤と呼ばれるものは沢山ありますが、手荒れや手湿疹の人は添加物の多いものや油分の多い保湿剤だと肌が刺激され痒みに繋がる事があります。

手が潤えば何でもよいという訳ではありません。自分の肌に合う保湿剤を見つけ手荒れや手湿疹を治しましょう。

スポンサーリンク